スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクシングというスポーツ

今日ヤフーNewsを見ていたら、ある記事が目にとまりました。その記事というのは、

ボクシング張飛選手が死亡 試合後に開頭手術
5月19日13時13分配信 産経新聞


 3日に行われたプロボクシング6回戦(東京・後楽園ホール)でTKO負けし、試合後に開頭手術を受けた張飛選手(22)=本名・竹内幹雄、明石ジム=が18日に死亡した。日本ボクシングコミッションが19日、明らかにした。

 スーパーライト級の張飛選手は2005年4月にプロデビューし、11戦5勝(4KO)6敗。3日の試合終了後に東京都内の病院に搬送、急性硬膜下血腫と診断され、意識不明の重体となっていた。


というもの。地元である兵庫県の選手、年齢も同じということで、ショックを受けました。
しかも調べてみると、

三国結ぶ張飛、あす日本ランカーに挑む 残留孤児の孫、明石の22歳
◇故郷・中国、育った日本、支援者の韓国

URL: 
http://mainichi.jp/kansai/archive/news/2008/
05/02/20080502ddf041050026000c.html

として記事にもなっていたので、彼を応援していた人、家族の心情を考えると一層つらくなります。
ボクシングというのは人を合法的に撲殺できるところだ、とかどこかの漫画の登場人物が言っていましたが、対戦相手の選手ももちろん張飛選手を殺そうと思っていたわけでもないし、これから先「人を殺してしまった」という自責の念にかられ続けると思います。さらには対戦相手の選手はいわゆる「格上」の選手であったことが一層選手の自責の念を強くするのではないでしょうか。

今回に限らず、ボクシングでは、死亡事故(リング禍)は度々起きます。
当然ですよね。ショックを和らげるグローブをつけているとはいえ、人と人が脳の入っている頭めがけて本気で殴り合っているんですから。選手はそんな危険なスポーツだとわかって、この競技を行っているんでしょうが、選手の周りの人は、本当につらいと思います。昔、世界戦で挑戦者が試合後死亡し、その試合を裁いたレフェリーと死亡した選手の母親が自殺した、という事件もありました。

でも、世界でボクシングを行っている膨大な数の選手は全員、このような事件を覚悟しているでしょうか。
少なくとも、私のような「スポーツの一種としてのボクシング」をやっていた人は、このような覚悟はしていません。試合で死んだら、きっとあの世で「ボクシングなんてしなければよかった…」と後悔すると思います。
だからアマチュアボクシングを選んだ、というわけでもないんですが、リング禍というものは、なにもヘッドギア(頭をガードするもの)なしで試合をするプロボクシングだけに限ったことではありません。私がやっていた(多くの人が行っている)スポーツ、中軽量級のアマチュアボクシングでも起こりえるし、むしろ回転が速く、ダメージの蓄積に気づくことが遅いので、より危険とも言われます。

なぜ、このようなスポーツが大々的に、世界中で興行されているんでしょうか。
危険があるからこそのスリルを求める、多くのオーディエンスがいるから、商売になります。
また、活躍すると、当然富と名声が手に入ります。
でも、ボクシングを少しでもかじったことがある人なら、わかると思うんですが、あの「ボクシング」というスポーツはどうしてもやめられない、麻薬みたいな作用があるんです。
きついスポーツだから、しんどい練習をたくさんたくさんしなけりゃ強くなれないし、試合にも勝てない。でも、その分だけ試合に勝ったときとか、自分が強くなったことを実感できた時の快感っていうのは、絶対ほかのものでは味わえません。きっと人間の本能的な部分、理性とは正反対な部分の感情に働きかけるんでしょう。
だから、私も死ぬのは怖いですが、ボクシングが好きで好きで仕方ないし、機会があればリングにカムバックしたいとも考えてしまいます。
スポンサーサイト

コメント

 
頑張れ兄貴!
好きならカムバックするべきよ!
人生そう心から好きと思える事なんてないしね!
ちなみにあたしはまだ出会ってません。笑
勉強以外する事ないって悲しいよorz
この張さんって方、昔ニュースで取り上げられてたのを観たことあるよ。そのときも残留孤児の話が出てた気がする。
なんか無念を感じる。
>キミカ
うん、今は受験合格後にカムバック予定で着々と準備進めてます。
キミカは国試あるもんね~。勉強ばっかりやれてるってのは凄いことやで。俺は体動かさな無理やわ・笑

>しばた
うん、明石の人やからねぇ。言われてみれば俺も見たことある気がする。
ボクシング以外にも22歳の張さんには、いろんな将来が待っていただろうけど。。。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 症例B All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。