スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未練たらたら…

今回の未練も、残念ながら恋愛関係ではありません。あしからず。

最近、午前中授業→午後は図書館で院試勉強、といいうリズムで学校生活を送ってるんですが、図書館で毎日院試勉強ばかりをやってるわけではないです。

もちろんblog更新したり、昼寝することもありますが、周りが農学関係の本ばかりなので、ちょこちょこ気になった本を読んだりしてます。
きっとこれからの研究室人生に役立つだろう、と信じて…。

今日読んだ本は、「カワムツの夏」という本。

kawamutu.jpg


京大を卒業した人が、博士課程在籍中の研究内容を本にしたもの。
カワムツっていうのは、西日本に生息する普通種の川魚のことです。
高校時代、河川生態系に興味を持ってたので、面白かったです。しかし、200-300匹もの個体群の中から個体識別した数十個体を毎日6-12時間、2年間観察って、凄い研究です。カワムツの繁殖行動の解明も面白かったんですが、そのほかのアナザーストーリーともいうべき、「30cmもあろうかというアマゴが通り過ぎて…」とか「亀が繁殖地を横切った時に…」とか「魚の自然死なんて信じてなかったんですが…」とかいうところにも興味を惹かれました。毎日毎日観察し続けるから、色んな現象に出会えるんですね。その特別な生物の行動に出会った時の「え?なにこれ?」っていう感動は生物屋さんなら誰でも体験したことあるだろうし、憧れますよね。
そういうのを突き詰めたかったら、生態学を研究すればいいんです。

「生態学は娯楽だ!」と自分に言い聞かせて、大学4年間で足を洗ったつもりなんですが、どうやら洗いきれていないようです。。。
生態学への未練、ボクシングと同じで、これもどうやら断ち切れなさそうです。
スポンサーサイト

コメント

 
たまには恋愛関係の話も聞きたいなーん♪笑

未練、頑張って断ち切ってください!
でも、本当に断ち切っていいものなのか
ちゃんと考えようね(#^ω^)
恋愛関係…全体公開のこのブログでは控えさしていただきますわw
まぁまた今度お酒でも飲みながらでも。米○氏のネタでも仕込んで持ってくわ(笑)

うん、物事の取捨選択って難しいよな…
極めるというか、研究することのできる学問っていいですね♪

(政治だったらありかもだけど)法学だと、学部生で研究する段階までいける人って、あまりいない気がする。。。

判例や学説の積み重ねだからなのかなぁ?

悩むってことは、それだけ魅力的なんですよね☆
後悔しないって難しいけど、やっぱりよかったって思える選択をしてくださいね。
じゃあ函館来た時に、サンプリング手伝ってもらおか~( ゜Д゜)y―┛~~
>華ちゃん
理系も先行研究を読んで、それについて考察するっていうのは文系と同じやで。たくさん論文読むことで、卒論や修論レベルのものなら書けるようになるし。魅力的な研究じゃないと、俺意志弱いから放り出してるわ。今の環境、恵まれてると思うで。

>らっしさん
はい、時間が合えば是非。あ、でもらっしさんのおかむとの時間は奪わないんでご安心を(笑)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 症例B All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。