スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか

最近、寝る前とかぼーっとしてる時、常にボクシングのことを考えてる自分にびっくりします。
なんでこんなにボクシング好きになったんやろ?

それに比例していくようにボクシングのテクニックが衰えてく自分が悲しい。。。

早く院試合格したい!!


今日の読書
川とヨーロッパ~河川再自然化という思想~   保屋野 初子/著
今、ヨーロッパでは、河川の堤防をぶっ壊して、河川林を含めた氾濫原を復活させようという試みが盛んに行われてるそうな。なんでもヨーロッパ人にとっての河川氾濫原は、日本の里山みたいな原風景なんだそうな。それがオランダの広大な干拓事業をはじめとする、大規模開発によって現在、ほとんど消滅しかかっている。それを復活させよう、という気運が今ヨーロッパに吹き荒れてるそうな。
ウィーン市を流れるドナウ川でも大規模な国立公園化が行われていたり、河畔林として植樹されてるハイブリッド種のポプラを切り倒すんではなくて、自然の更新に任せるだとか、石積みの堤防ですら破壊の対象になってたりだとか、なかなか粋な計らいが行われてるそうな。
「なんでも欧米のやってることは正しい主義」の発想は大嫌いな私ですが、ヨーロッパの人のこのような生態学に対する理解の深さは、日本より何十年も進んでるなぁ、と実感します。日本の「なんちゃって魚道」や「なんちゃって自然河川開発」みたいなのが日本の典型例としてあげられてましたが、うんうん、と深く頷かざるを得ませんでした。
残念ながら、院試とは関係ない本なので、ナナメ読み…
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 症例B All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。