スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初富山

宣言通り、行ってきました。富山。

レンタカーは前に言ってた「ワンズレンタカー」で、去年までの愛車、Pyzerを借りました。



去年まで持ってたPyzerと違い、MC後の比較的新しいやつなんで、ちょっと嬉しかったです。でもこの年式の車をレンタカーとして扱ってるところはほとんど無いやろね。

なんやかんやで8-9ヶ月運転しないPyzer。感覚覚えてるやろか?とちょっと不安でしたが、乗り始めるとそんな不安はどこへやら。まるで昨日まで乗ってたみたいに、自由に動いてくれました。シフトショックも少ないし、ちゃんと手入れされてます。峠に差し掛かったときなんてもう、OD,セカンドシフトをカチャカチャいわせてかなり遊びました。峠を高速でショートカットなんて、ナンセンス。

今回の目標は、
1.アコウ(キジハタ)を釣る。
2.富山の旨いもんを喰う。
3.諏訪湖を見る。
です。

とりあえず、1を達成するために、氷見へ。漁港に着くも、釣具屋を見つけられず、昼飯を食べてお土産買って退散。

himi shore

氷見海岸。海パンもってくりゃ良かった…

その後、釣具屋を見つけ、餌・ワームなどを購入後、新湊漁港(西港)へ。
sinnminato nisi

岸壁付近に小さなグレやマアジなどが大量にいて、サビキ仕掛を買わなかったことに後悔。いや、富山まで来て小型魚を狙ってもしゃあない。
ここでは竿を出さず、富山人の友達に聞いた新湊漁港(東港)へ。

sinnminato higashi

ホントいい天気でした。タンクトップを着てたので、かなり焼けたんじゃないでしょうか?

釣果としては、投げ釣りでキスが面白いくらいつれました。

watarigani kuti

おまけにこんなんも釣れました。ほら、ちゃんと口に針かかってるでしょ?笑
これだけ狙っても良かったんですが、ちょっとゴロタが混じっていて、根掛りするのと、本命はアコウ、ということでテトラ周りを探っていきました。

akou toyama

つ、釣れた!!アコウ!!
ち、小さい…

この後は、アタリはあるものの、夕マズメまでアコウは釣れず。
お腹が空いたので、釣りを切り上げ、富山市内へ。
友達に聞いた「きときと寿司」へ。(この店、探すのにめっちゃ苦労した…)富山でも有名な回転すし屋さんらしい。函館のなごみや函太郎みたいなもんか??
寿司は、めっちゃおいしかったです。特に氷見名物のブリが。もちろんその子供(ブリは出世魚)のイナダやハマチもおいしかったですが、なんと言ってもブリ。富山に行ったら、是非ご賞味を。
けど、この寿司屋さん、閉店時間45分前に入った私が悪いんですが、気付けば広い店内に客は自分だけ。。。板前さんとか店員さんが全員こっちを向いてる…とても食べにくかったです。

だらだらしてたら、夜釣りをする気力と体力(前の日ビールを飲んで仮眠しただけで徹夜で運転…)を失ったので、朝マヅメに勝負を賭け、さっさと睡眠。もちろん車中泊ですよ。どうせ一人旅やから文句言う人おらへんもん。

4時間後、日の出前に動き出し、釣り開始。
すると、たくさん残ってたイソメの入った餌箱が無い。
「どっか置いてきた!?」→「釣り場にも無い!」→「昨日釣ったキスみたいにトンビとカラスに持ってかれた!?」ということで、諦めてワームフィッシング。(実は車の荷物の下に隠れてました。臭い…)
友達は、朝マヅメに爆釣した、と言っていたのでかなり気合入れていきました。
結果は・・・
ワームをたくさん失っただけ。
アタリはあるのに、みんな針に喰いつかず、ワームの尻尾だけ持って行きおる。
もっと釣りの腕前が良かったらなんとでもしようがあったんでしょが、餌の無い状態ではこれが限界。寂しい限り。まぁ、一応昨日目標は達成してるので、風がめっちゃ強くなってきたし、日が昇りきった時点で納竿。

一路諏訪湖へ。

matumototoge.jpg

途中の松本峠。トレッキングをするおじさんおばさんがたくさんいました。夏の旅行に軽登山を入れるのもアリですね。気持ちいいやろうなぁ。このあと、ニホンザルの群れにも会いました。野生のサルをあんなに間近で見たのは初めて。囲まれたら勝てへんやろうなぁ。

suwako.jpg

そして、諏訪湖。北海道時代からそうなんですが、湖って、いいですよね。別に何するわけでもないんですが、眺めてるだけで気持ちが落ち着くと言うか。
湖面に広がってるのはヒシとオオカナダモ。状況は(琵琶湖-ホテイアオイ)という感じでしょうか。ついでなので、うちのドジョウたちにオオカナダモを少々拝借してきました。

近くには

yotude.jpg

四手網も。漁業学でやったなぁ。漁業学では四手網の説明として「現在の日本ではほとんど行われていないが、発展途上国では重要な漁法となっている」って書いてあったっけ。これも、観光用です。

この後、一直線に東京に帰ったんですが、土曜日ということもあり、色んなところで渋滞&渋滞。
時間にかなり余裕を持って出たのに、結局車を返せたのは、予定時刻を40分オーバーした午後8時40分。次からは、行き帰りの道路の混雑状況も考えて計画立てなあきませんね。めんどくさいなぁ、東京。


総走行距離:1013km/48時間
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 症例B All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。